つぶやき

「一点もの」と「完成度」

0

    初期の頃は「一点もの」を謳っていましたけど、今はその辺りはこだわっていません。

    きっかけは、とても単純で…

    私には、ずっと前から憧れというか、惹きつけられる作り手の方がいます。

    ずば抜けた感性や表現力で、独自の世界を作る方なんですが、その方が

    「“一点もの”なんて言っても、しょうもないものだったら意味がない」

    というようなことをおっしゃっていたのが、胸に“ずしーん”と響いたのです。

    何だかちょっと、自分が恥ずかしくなったり…

    以来、「完成度の高い作品」を作ろうと心がけています。

    私にとっての「完成度の高さ」は、自分が納得した形で作品として出せるかどうか。

    (当たり前のことかな。)

    もちろん、marmelo*を信じて作品をご購入くださるお客様の存在があって、

    「良い物を作りたい」という意識がより高まった部分もあります。

    納得いく作品が、お客様にとっての「一点もの」になってくれればいいな。

    毎日いっぱいいっぱいですが…それを言い訳にせずに、

    きちんとしたものを作って、皆様にご紹介していこうと思います。

    って、なんか…カタい…かな?

    私にとって、ものづくりは「楽しい」だけでなく「シビア」でもあります。

    マジメすぎてバカみたいかもしれませんけどね(汗)。

    (本日2回目の日記ですが、手直しして順番を入れ替えました。)