つぶやき

本日の日記その2・芸術の存在意義とは?

0
    展示風景「芸術の存在意義『展』No.5」には、
    初日から多くのお客様が足を運んでくださったようで…
    ありがとうございます!

    20日は私も参上いたしましたが、
    お客様や作家さんが来てくださったり、
    プライベートでは、大学時代の友達、高校からの親友たち、
    いとこまで来てくれたり…と賑やかでしたよ。
    皆さんともっとお話させていただきたかったのですが、
    アワアワ・バタバタしていて、せっかくお越しいただいたのに、
    ゆっくり応対できず申し訳なかったです…!

    普段お買い物してくださるお客様は、
    バッグの中にmarmelo*グッズを忍ばせていて、
    「使っていますよ〜」と見せてくださったりして、
    本当〜に感激でした! ありがたや〜。
    差し入れもいただいてしまいました…ありがとうございます!

    アンケートを少し読ませていただきましたが、
    「こんなにたくさんのmarmelo*グッズを
    見たことがなかったので嬉しい」
    「(marmelo*を初めて知った方)marmelo*さんの作品、あたたかいです」
    などご感想を多数いただき、
    展示した甲斐があったなあ…とじーんとしてしまいました。

    ギャラリートークは、参加してくださった皆様はご存知のとおりですが、
    プレゼン…と言うよりは、簡単に自己紹介等させてもらって、
    美術界の方、一般の方にご意見をいただいたわけなんですね。

    で。

    思いのほか、好意的に受け止めていただけて感激でしたね。 いやはや。
    辛辣なお言葉を覚悟していたので、拍子抜けして、とんちんかんな受け答えをしたような気がします…(汗)。

    頂戴したお言葉を簡潔にまとめますと…
     「完成度が高く、周りに流されないで自分のスタイルを貫いている。
     『可愛い』と言える作品で、清潔感があり、見ていて気持ちがいい」
    ということかな。 (自分で書くと、気が引けます…)

    私としては、“いわゆる”芸術のように、高尚なものを作っているわけではないし、
    かと言って手芸でもないですし… はっきりしたカテゴライズは出来ないです。

    人を感動させるものが芸術だと思うんですが…
    それはさておき、「人にとって身近な存在である作品」を作ろうと、この7年marmelo*をやってきました。

    見る人は色々に捉えるだろうけれど、
    私はただ自分に誠実に、真摯にものづくりをしていたいと思っています。

    今回のグループ展に参加したことで、
    「marmelo*さん、『芸術』なんて…どうしちゃったの?」といぶかしく感じた方もおられるでしょうが、
    私自身の意識としては、前述のとおりですよ。

    で、話を戻しますが。

    marmelo*を今回初めてご覧くださった、しかも、美術界の方々からのご意見を伺うことができ、
    また、それが好意的だったのが、本当に嬉しく、自信につながりました。

    準備はしんどかったけれど、よい経験をさせていただきました。

    そして、喜んでいただけてよかった!

    …って、終わったようなことを書きましたが(汗)、展示は明日23日までです!
    ぜひお出掛けください。

    作品紹介はまた改めまして。