つぶやき

使っていくと

0
    使っていくうち←テルミ私物より。

    左の巾着は、カタログでも触れていますが、
    5年程前から、右のスリムペンケースは
    2、3年前から使っています。
    どちらも何度か洗濯機で洗濯していますが、
    ヨレることなく、今も現役です。
    (注※ 作り込んだ布絵グッズは、
    洗濯機でガンガン洗うことはおススメしません。)


    この2点は、同じラミーリネンを使っていて、私も気に入っている生地ですが、
    丈夫で、使い込むほどに“くったり”と良い風合いが出ます。
    個人的には、洗濯してからの風合いが好きなのは、綿よりも麻素材ですね。
    麻は繊維が太めで、自分が求めるいい具合のシワ感が出るので。

    作ったものは、出来るだけ自分で使って、耐久度を試すようにしています。
    今のところ壊れた物はありませんが、shopに出す作品は様々ですし、
    素材によっては弱い物も、もしかしたらあるかも知れません。
    それでも、長くお使いいただけるように、使ってみて分かったことや、
    時にお客様から頂戴したお気づきの点を生かしながら、
    工夫し、実用性の高いものをお届けしているつもりです。

    時々、ご購入くださったお客様から「勿体なくて使えない」と、
    それこそ勿体ないお言葉をいただくことがありますが、
    やはり、お使いいただけると嬉しいなあと思っております。
    手にした方の傍で、身近な存在として活躍できるなら、作品たちもきっと幸せだろうな、と。
    もし、くたくたのボロボロになっても、その作品は使命を全うしたのだと思いますし、
    マルメロの母がまた新たな作品を生み出していきますので、どうぞご安心を。

    …なんて、熱く語ってスミマセン!
    でも、私にとってmarmelo*は、真剣に、真摯に向き合ってやっていることなので、
    今日は新作アップの機会もありましたので、書いちゃいました。
    至らぬ点はまだまだあるかと思いますが…これからもどうぞよろしくお願いいたします。

    写真に写っている机、何だか薄汚れて見えます? 汚れているわけじゃないんですよ。
    ただ、私…作業中に寸法の計算などを、直接机に書いてしまう悪いクセがあるんです(汗)。
    なので、所々鉛筆書きが…
    もちろん、消すようにしているんですけど、すぐ新たに書いちゃうんですよね…ホント、悪いクセだぁ!
     

    5ミリのキャンバス

    0
       米にホロ← 生米にほろほろちょうを描いてみましたよ。

      以前から友人たちが、
      「テルミの手先の器用さは、そのうち米に絵を描くくらいだろうね」
      と冗談を言っていましたが、
      ついにその時が来てしまいました(笑)。

      友達に笑ってもらえればと、チャレンジしましたよ。

      絵筆の先っぽよりも細く描かないとダメなんですけど、
      何とかそれらしく描けたかな。

      今夜のごはん…
      この米を入れて炊いたらどうなるんだろう(笑)。
      やりませんけどね〜。

      明るい話題が少ない昨今ですが、
      こんなことでちょっとでも笑ってもらえるとウレシイです。

      ファビコン

      0
        ちょっと前の話ですが、ファビコンを作りました。
        「ファビコン」…? ファミコンじゃないですよ。 (って、しょーもないボケだなあ…。古いし。)
        ファビコンとは、Webブラウザで、URLやお気に入りなどの頭についている小さなアイコンです。
        Internet Explorerでmarmelo*をご覧になっている方は、
        ファビコン←左のような画像が表示されているかと思います。
        他のブラウザは、表示されないかな?
        …まあ、それだけのことなんですけどね。
        自己満足ですよ、多分…。 スミマセン。

        先日載せた「ニュウ・アイテム」の画像を含め、新しいことをやってみたり、試したりしております。
        考えていることもいっぱい。
        そのため、更新がおろそかになっているというウワサが無きにしも非ず。

        marmelo*はこの先どうなっていくのかなあ? マルメロの母にもよくワカリマセン。
        そんなわけで、いろいろ企み中なもので、更新が早くなったり遅くなったり…ですが、
        お付き合いいただけましたらありがたいです。

        あ、近況としては、先日…
        まだ6月だというのに、熱中症になりました。 頭痛がひどくて、一晩寝るまで治らなかったです。
        (相変わらず虚弱ですなあ…(涙)。 体質改善、どうにかしたいです。)
        皆様もお気を付けくださいね!

        のんびり気分で書く日記は・Part2

        0
          今日も制作と無関係な話でスミマセン。
          お気に入りのロザリオ
          ずっと前にも載せたことがありますが、お気に入りのロザリオ。
          昔(まだ前の仕事をしていた頃?)、好きな作家さんに無理を言って
          作っていただいたんですが、大事にしております。

          十字架とか、メダイ、アンティークものなどが好きで…。
          (このクロスとメダイも自分で探して購入したパーツなんです。)
          宗教的なことは全くアレなんですが、妙に惹かれます。
          アクセサリーはお守りのように身につけたい派なんですが、
          そういうのも、こういう品に惹かれることと関係あるのかな?
          身に着けることで勇気というか、エネルギーをもらう感じです。 皆さんはいかが?

          で、お次は…
          あな吉さんのゆるベジ異国風ごはん
          『あな吉さんのゆるベジ異国風ごはん』。
          新刊です〜。 買っちゃいました。
          あな吉さんのゆるベジ料理は、特別な食材を手に入れなくても、
          身近なもので間に合うのも嬉しい。
          そして、実験みたいで楽しいので、作り方を見ているだけでわくわくします。
          「え〜、コレどんな味になるの?」なんて、興味津々。
          焼きピロシキやジャージャー麺なんか、今すぐにでも作って食べたいわ〜

          そう言えば、あな吉さんの別のレシピ本に掲載されている
          「見かけも味もなぜか角煮!? 車麩の角煮風」
          という、豚の角煮に見た目がそっくりな、麩の角煮モドキを作ったときのこと。
          夫は「お、今日は豚の角煮かい?」なんて喜び勇んで箸をつけたんですが、
          一口食べて「あれ?何か違う…これは肉なのか!?」と思ったらしく…
          種明かしをしたら「麩なの? え〜、ダマされた! そっくりだね」と驚いていました。
          ゆるベジでは一番インパクトがあったみたいです。

          ほら、食卓の会話にも花が咲きますよ。 ベジ料理に興味のある方はチェックしてみてくださいな。

          いろいろ載せてみます(長文)

          0
            いろいろ さいきん

            1 バレンタインデーはブラウニー(去年もそうだったような?)を焼きました。
             去年は炊飯器レシピでしたが、今回はオーブンで。

            2 ユキさんのしっぽ。 遊んでいたら興奮して、タヌキのしっぽみたいに膨らんだところ。
             …なのですが、写すタイミングが遅れて、もう普通のしっぽに戻りかけています。 (なんじゃそりゃ。)

            3 左側のカラフルな引き出しは、去年イベントに参加させてもらった「雑貨屋ちゅーりっぷはっと」さんで購入。
             日曜に届いたばかりのホヤホヤです。
             実物は、昭和の香り漂う、何とも言えない味のあるレトロな引き出し。
             あーん、可愛いヮ。 (と、つい体をくねらせたくなるほど愛らしい。)
             ものづくりの道具類を入れていますが、ふと眺めたとき、ころんとしたフォルムに和みます。

             4 一番好きなファッション誌。 今回の特集は「デニムとリネン」。 どちらも好きなので買っちゃいました。
             あー、こういうの好き、と思うものばかり… (眺めるだけでも幸せなのです。)

            5・6 新作から。5は「窓」シリーズ。 (シリーズって…今回からなんですけどね。) 他のキャラでも作ってます。
             6は、「ゆるーい、落書きみたいな布絵を…」というコンセプトで生まれた、きりんです。
             「ツチノコ」じゃないですよ…。 (夫に「ツチノコ」と言われ、軽くムッとした妻でありました。)
             イベントかウェブ用にするかは、今のところ未定。

            omake…外を眺める、きりりとした表情のユキさん。 親バカですが、ベッピンさんだなあ〜。 イシシシシ。
            (え? omakeが一番写真が大きいですか? 気のせい、気のせい。)


            という感じです。
            あと、今年は映画を出来るだけ観たいなあと思って、いろいろ観るようにしています。
            したいことはいっぱいあるのに、24時間では出来ることは限られていて…
            まあ、誰しもきっとそうですよね。

            一番はもちろん、制作に充てているわけですけれど、
            スキマ時間は、映画も観たけりゃ、本も読みたいし、
            ユキとも遊んであげたい(運動不足解消に…)し、他にもやりたいことだらけなわけで。
            ものづくりはアウトプットの作業だけれど、インプット(というか、刺激を受けたり吸収したり)することも必要なわけで。
            (…『北の国から』みたいな口調になってますが。)
            いろいろしたいことはあるけれど、日々精一杯・目いっぱい生きてるので、
            いつ天に召されても悔いはないな〜くらいに思っています。
            あ、そのほか、絵を描く時間をもっと増やしたいなあ。

            何と言いますか…「今」はこんな感じなので、ショップオープンのペースがゆっくりでゴメンナサイ。
            制作に没頭するとウェブがおろそかになってしまって…
            (日記をね、更新するのにも1時間半くらい掛かっちゃうんですよ、なぜか。)
            とりあえずは、イベントの作品を含め、20点くらい出来ているのかな?
            頑張っていますので、温かく見守っていただけると嬉しいです…スミマセン。

            店主はさみしがり屋なので、励ましのメッセージがとても嬉しいです。 心に沁みます。
            お便りくださった皆様、本当にどうもありがとう。

            くどいかな〜とは思いつつ

            0
              たまにはこんなのも

              扉絵の手仕事を解説してみました。 一部ですが。
              たまには、こういう切り口も新鮮でしょ?

              扉絵の布絵の部分。 実物は大きさにしたら15×11センチくらいでしょうか。
              そこにぎゅっといろんな手仕事を詰め込んでいます。

              あまり説明しすぎるのも野暮とは承知しつつ…
              実物をご覧になっていただけるわけではないので、今回はちょこっと載せてみました。

              さて、明日はいよいよ、乙女の祭り(?)「バレンタインデー」ですね。
              夫は手作りが好きなので、何か作らなきゃな〜と考えております。
              チョコレートケーキ? クッキー? マカロン? 何にしようかなあ。
              料理は得意じゃないけれど、ガンバリマス。

              裏marmelo*のはなし

              0
                ここ連日、marmelo*を訪れてくれる方が多くてびっくりです。
                今日のアクセスカウンター…1000を超えているんですけど。
                ええ〜??ほんとですか、これは… (重複カウント無しなんですよ。)
                いつオープンするか分からない裏marmelo*のために
                貴重なお時間を割いて覗いてくださってありがとうございます。

                さて、裏marmelo*、先ほどオープンいたしました。
                ひみつショップは、3、4点ご紹介のはずが、多めの9点アップです。
                …いかがだったでしょうか。

                各商品ページ下に、いつもコメントを入れていますが、別に読みとばしていただいてもいいんですよ。
                見る人が感じたままでいいんだろうな〜…と思うんです。

                そう思いつつ、つい書いちゃうんです、作品について。
                こんなところが見所だとか、ここをこだわっているとか、こういう思いだとか…
                見る人にはちょっとうるさいかも知れませんが(汗)
                marmelo*は、言うなれば「頑固一徹オヤジのラーメン屋」的なハンドメイドショップなので。
                あ、でも、読む読まないは見る人の自由ですからね。
                作品をご覧になって、心のどこかにきゅんときてもらえたら嬉しいです。

                で、まだ話しますけれど… (「え〜」というブーイングは無しで…)

                【2008年最初の裏marmelo*の作品について】

                ・これまで力の入ったものが続いたので、「もう一度原点に戻ってものづくりを考えよう」と。
                 「シンプルでもmarmelo*らしくあれ」。出来上がったのが今回の作品群です。
                 肩の力を抜いて、極力余分なものは省いて、全体のバランスを考えてデザインしました。

                ・今回初めてマスコットを商品として出しました。ポーチに付属、という形ですが。
                 立体になったmarmelo*の仲間たち、いかがですか?
                 イラストを立体に…興味を持ったのは、数年前、ぬいぐるみやテディベアが気になりだしてから。
                 アンティークやヴィンテージの、古びた、独特な風合いを感じさせるぬいぐるみが好きになりまして。
                 フェルトのマスコット自体は、小学生の時いっぱい作っていたのですけれどね…
                 いつかは大きな・大きなお人形も作ってみたいのでした。

                ・「家ポーチ」&マスコットの組み合わせ…ちょっとおままごとちっくでしょ?
                 立てかけて飾っていただいても可愛いポーチです。

                ・家ポーチのうち、ひとつだけ、あえてマスコットをつけませんでした。
                 一応ちょっとした意味を込めていますが…ナイショです。

                ・裏marmelo*トップの画像は、それぞれの画像を切り抜いて組み合わせていますが、
                 まるでひとつの物語のようになりました。

                ・3月のショップは、余分なものまでごそっと入れて
                 「こってり。ああ、お腹がいっぱい…」な作品も作りたいな、と思っています。

                長い! スミマセン。もしここまで読んでくださった方がいらしたら、どうもありがとう。
                (姉にはよく「こんな長いの、読めないよ〜」と言われてます…しょんぼりだなあ。ちぇ〜)
                では、今日はこのへんで〜 裏marmelo*楽しんでくださいネ。

                カラフル

                0
                  プチ個展ウェブ版、大体出来てます。
                  アップするタイミングがよく分かりません…今の私は判断能力に欠けてます。多分考えすぎなんですね。
                  なので今日の日記は思いつくままに。

                  春に『ステッチイデー』に載せていただいた時、
                  「カラフルでどこかなつかしい…」というように紹介されてました。(うろ覚えですが…)
                  その時思ったのが「ああ〜、marmelo*って、カラフルなんだ」。

                  そう言えば、ホームページも色数が多いですよね、他のサイトさんと比較すると…
                  自分では「カラフル」を意識したことは全然ないんですけど。自然なんですね、これが。
                  でも、カラフルでもポップではなくて、
                  やっぱりノスタルジーを感じる雰囲気を出したいなと思ってます。出せてるかなあ?

                  私、服も部屋も、身の回りの物もカラフルかも知れないです。
                  「コレ!」といったカラーはないかも。
                  まあ、その時気に入っている色というのは多少ありますが。

                  何と言うか、色を抑えると想像力が広がらないんです、私の場合。
                  色の組み合わせとして、へんてこだったりあり得なかったりしても、
                  その中でバランスを取ったり、どうまとめるのか?というのが楽しい、というか。
                  遊びゴコロなのかなあ? いろいろ楽しみたいんですね。

                  でも、自分と違って、限られた色数の中で完成した作品を作っている方を見ると
                  それはまた凄いなあと尊敬します。
                  自分にないものを持っている人というのも、惹かれたりしますよね。


                  あ、今日はまだ何も食べてないや…(午後四時近いです。)
                  そろそろ何か食べないと…気持ち悪くなってしまう〜

                  文字

                  0
                    楽しかった大型連休も終わりましたね〜
                    ということで、サイトも少しリニューアルしました。
                    新しい扉絵はいかがでしょうか。『ききみみずきん』ですよ。
                    私は布雑貨に文字を敢えて入れないのですが(たま〜に効果音など入れますけど)、
                    趣向を変えてこの作品には入れてみました。

                    大学生の頃一人暮らしをしていたのですが、毎日のようにポスターカラーなどでイラストを描いていたんですね。
                    (それより勉強しろって感じですよね…)
                    その頃のイラストには、カンタンな英文で会話やコメントみたいなものを入れていたので、
                    反動なのか、今の作品にはあまり文章や文字を入れたくなくて…飽きたのかな?

                    まあ、そういう理由もあって、しばらくそういうことをしていなかったのですが、
                    『ききみみずきん』は物語的に文字を使うのも効果的かな〜と思いまして、
                    入れてみたところちょっと新鮮に感じました。

                    普段「これはやらないかも」と思っていることを、視点を変えてやってみるのも
                    また新たな発見が出来て面白いかなと最近は思います。
                    (だからバッグも作りたくなったのかな、久しぶりに。 ※『ききみみずきん』はバッグじゃないです。)

                    ご注文受付期間途中ですが

                    0
                      1月のショップへのご注文、誠にありがとうございます。
                      楽しんでいただけているようで本当によかったです〜(感涙)
                      「仕事疲れがふっとびました」なんて嬉しいメッセージもいただき
                      そんなふうに言っていただけてありがたいです。
                      marmelo*で、現実や日常からちょっと離れた世界や時間を
                      感じていただけたらいいなと思っております。
                      ゴーゴー←喜びを体で表現するコロボックル。

                      そうそう、姉がこのdiaryを時々読んでいるのですが、
                      「長…」と言われてしまったので、短めにしなければと思っております。
                      (…でもね〜、つい長くなっちゃうのですよね〜)

                      今回の作品群は、とても自分らしいテイストですかね〜
                      前から時々書いてますけど、私は人が笑ってくれることが好きなので、
                      楽しかったり面白かったりするものを作るのが好きなんだろうなと思います。
                      そういうこと(面白いネタ)を考えている時が、一番楽しくて生き生きしているかもしれないです。
                      どちらかと言うと、「可愛い〜 甘〜い」感じのものは苦手かなあ。照れちゃって…
                      まあ、時々そういう気持ちになることもあるので、そういう時は愛らしいものが出来ます。
                      でもまあ、カッコイイものは作れないかな。(私自身にない要素なもので…)
                      なので、大抵は等身大の作品で。脱力おとぼけな感じが一番ほっとします。
                      …嘘臭い作品は嫌なので、ありのままで作れたらいいなあと思ってます。 (よし! 割合短くまとめたぞ。)

                      | 1/2PAGES | >>