つぶやき

ベロが出てますよ

0
    そんなわけで、自作T・その2です。↓
    ベロのしまい忘れ
    手描きにしたら、昭和ちっくになっちゃいましたけど…いいのだ!
    真ん中のトラ猫ちゃんが、ベロのしまい忘れです。

    昨日ファミリー劇場で、アニメ「ベルサイユのばら」の一挙放送があったのですが、
    ついつい観てしまいました。
    やっぱり、ベルばらは面白いですね。 ハラハラしちゃうな。
    オスカル…素敵だ〜。
    アンドレの声が、志垣太郎さんだったのもビックリした(笑)。

    お気楽なようで、実はそうでもなかったり。
    な〜んにも、したくないなあ。
    こんなコンディション、久しぶりです。 

    健次郎

    0
      連日めおと話でスミマセン。 (しかもどうでもいい話…)

      夫がネット(YouTube?)で『北斗の拳』『北斗の拳2』を観ています。
      お互いに子供の頃よく観ていたアニメなんですけど、夫も懐かしいようで、ビール片手に楽しんでいます。
      私は子供の頃「雲のジュウザ」に胸キュン(死語)でした。
      …と、それはさておき。

      字幕が中国語なのですが、主人公の名前「ケンシロウ」が「健次郎」に!
      「健次郎」じゃ、哀しい目をした影のある男・ケンシロウのイメージとかけ離れて、
      はつらつとした明るい感じが…
      「北斗のケンシロウ」は「北斗的健次郎」… もう、誰の事やら、って感じです。
      こういうの、夫と私にはかなりツボなんですけど…皆さんはそうでもないかしら?


      shopページで新作チラ見せ開始。
      今日写真を撮ったばかりで、カタログはこれから作成。
      というわけで、詳細とオープンはまだ先になりそうですが、もう少しお待ちを。
      いろんなものを作ったので、なかなか楽しいと思いますよ。 布絵モノは夏のショップに続き少なめかも?ですが…。

      好きな感じ

      0
        結構前の話になりますが、スカパー系列で
        『間宮兄弟』(主演:佐々木蔵之介、塚地武雄)という映画を観たら
        漂う空気など、何だか心地よくて好きかもと思い、原作が気になり本も買いました。
        江國香織さんの原作だったんですね、知らなかった…。
        あと、私、昔テレビドラマでやっていた『結婚できない男』(主演:阿部寛)も好きで、
        タイムリーでは観ていなかったのですが、再放送で2回ほど観ました。
        阿部さん演じる主人公と、彼を取り巻く周囲の人やその関係がとても微笑ましくて。
        観ている人にしか分からなくて恐縮なんですけれども。

        自立していて世の中でもちゃんとやっているようなのに、
        何だかちょっと違うような気がしていて、居心地が悪いような…
        でも自分の好きな世界があって、それを大事にしている…っていうのが上の二つに共通しているかなあ。
        うまく人と関われないんだけど、人が嫌いなわけでもなく、
        関わろうとするんだけれど、何だかうまくいかないというか。
        ちょっと哀しいのだけれど、でも不幸なわけでもなくて、それはそれで幸せというか。
        (私の視点から書いたので、双方の、物語として意図する点とは違うと思うんですけど。)

        不器用な主人公に、自分を重ねて見ているところもあって
        「まあ、うまく生きられなくたっていいんじゃないの? 自分は自分さ。」
        と思わせてもらっているような。
        理屈じゃなくて感覚的に好きなので、言葉にするとうまくいかないんですけど。

        この話にオチはないんですけどね。(←ないのか。)

        先日体に湿疹が出来て、病院で診てもらったんですが、
        その待ち時間に『間宮兄弟』を読んでいたので書いてみました。
        夏になると湿疹が出やすくて、あまり気に留めていなかったところ、
        悪化して水疱になってしまったもので、病院嫌いの私は、泣く泣く皮膚科に行ったのでした。

        日頃薬を飲まないようにしてきたせいか、飲み薬が妙に効いて、眠くなって仕方ないです。
        とは言え、薬の効果で湿疹も薄くなってきてよかった。
        夏バテに加え湿疹で、泣きっ面に蜂状態ですが…秋が来るまで体力温存で頑張ります。

        何かまとまりませんが、このへんで。 (あ、長いわ〜!スミマセン。)

        「夕刊クラブ」…ではなくて、「有閑倶楽部」

        0
          『有閑倶楽部』(今、変換したら『夕刊クラブ』になった…Vistaめ!)が実写ドラマになるんですね。
          私、漫画の『有閑倶楽部』が好きなので(子供のころから読んでるから)、
          実写化は少々複雑な気持ちです。
          先日も久々に漫画を読み返してたところだったんですけど。

          魅録が主役っぽいところも、何と言いますか…うーむ。しかもジャニーズですか…
          女性陣は何となくイメージに近かったけれど。悠理と可憐が。
          まあ、何と言いますか、今風にアレンジされているんですね、きっと。

          原作が好きなものとしては気になるので、見てみようかな…なんて思っております。
          (そう言えば、最近漫画がドラマ化するパターンが多い気が。)

          …あ、新作はちゃんと作っていますよ。画像は、ショップオープンの目途がついたら、と思っています。

          胃腸が弱い

          0
            日曜に彼が焼肉を奢ってくれました。
            貧血気味だったのでレバーをもりもり食べて、精をつけたつもりだったのですが
            翌日一日中お腹を壊し…栄養にはならなかった模様です。とほほ。
            彼にもゴメン、という感じです。

            焼肉は好きなんですけど、食べると大抵お腹を壊すか具合が悪くなります。
            体質に合わないのかなあ…しょんぼり。(単に食べ過ぎ?)

            唐突ですが、チャンネルネコの『スタア誕生』(1985年・大映ドラマ)にハマっております。
            主役:堀ちえみ。出演:梅宮辰夫 国広富之 若林豪 梶芽衣子 ほか。
            若林豪が楳図かずお並のボーダーTを着こなしている様もスゴイ!
            「スター」じゃなくて「スタア」なのもシビれます。(と、分からない方スミマセン。)

            …と、しょーもない話題続きでゴメンナサイ。
            肝心な話はもうちょっと待ってくださいね。

            お行儀のよいライオン

            0
              先日ローカルなニュース番組で、県内の動物園のライオンの話をやっていたんですが…
              「お行儀のよいライオン」というタイトルだったので
              「一体どんなライオンが…?」と好奇心いっぱいで見ていると…

              食事の前にエサのトリをくわえて「ガオー」って鳴くんですね。
              食べ終わった後にも「ガオー」…

              「いただきます。」「ごちそうさま。」を言うライオンってことで
              行儀がいいぞっていう話らしいです…

              これは…このまったり感は、ローカルならではの内容だわ…全国ネットではあり得ない…

              それがどうしたって突っ込まれると困るのですが、
              そのライオン…らい太くんというらしいのですが、顔が亡きミュウと似ていて、可愛いなあと思って。
              しかも「食いしん坊な元気なライオンです」と飼育係さんが言っていて
              ますますミュウみたいだなあと。
              ミュウも食い意地がはっていたなあ…焼き鳥や刺身を食べていると、必ずねだったものです。

              3月の童話特集で「やさしいライオン」を作りましたが、ライオンの魅力に参ったテルミです。
              はあ〜、ライオン…可愛い。さすが、百獣の王!ブラボー。

              ちなみに、この動物園は小さい頃行ったことがあり、そんなに遠くはないので、
              ぜひらい太くんに会いに行ってみたいなあと思ったのでした。おしまい。

              最近見てます

              0
                久々にチャンネルネコ話をします。(唐突ですが…)

                昨夜『見合い恋愛』(1969年放送)という、
                石立鉄男、由美かおる主演のホームドラマ(←懐かしい響き)を見ました。
                石立鉄男がまだ髪の毛がもじゃもじゃしてない頃の作品です。
                『水戸黄門』ではおぎん役で知られている由美かおるさん…いやあ、可愛いです。
                髪型やファッションはツイギーを連想させる、ショートにミニスカートなんですけど、
                お人形のような顔立ちによく似合っていること。
                それにしても、由美かおるさんは、今も昔もあまり変わらないなあと思いました。
                『アイちゃんが行く!』(1972〜73年)という坂口良子主演のドラマもやってましたけど、
                坂口さんは今と昔…随分と印象が違うなあと感じました。(あ、これはマズイ発言でしょうか…)
                こうして見ると、現在熟年層の役者さんは、
                若かりし頃からずっと活躍されていてすごいなあと思う次第です。うーん、すばらしい。

                あと…永井豪原作の『ハレンチ学園』(1970年)もやってますけど、
                これ、今のテレビじゃ有り得ない内容ですね〜 当時は放送しちゃって大丈夫だったんでしょうか。
                (※注 アニメじゃなく実写版です。そこがまたスゴイ。)
                タイトルからしてヤバそうです。まあ、永井豪ですからね…ねえ?

                そして、今注目しているチャンネルネコの番組は…『神雕侠侶(しんちょうきょうりょ)』でございます。
                04年にdiaryで書いていた『射雕英雄伝(しゃちょうえいゆうでん)』のその後を描く中国武侠ドラマ。
                出てくる女優さんが美人揃いで…いいわあ。もちろん話が面白いから見てるんですけどね。
                いやあ、楽しみだなあ、今後。
                (今日はわかる人にしかわからないような話でスミマセン〜。見ている方いませんかね??)

                夏は稲川淳二の…

                0
                  只今の時刻、午前1時15分です。最近4時くらいに寝るのが当たり前になってしまいました…
                  1時なんて宵の口だわ、くらいに感じております。

                  そんな話はさておき、到着のご報告を続々いただきましてありがとうございます!
                  ご感想、大変嬉しく拝読しておりますよ。
                  お返事が遅くなっていてごめんなさいです。bbsへのメッセージも本当にありがとうございます!

                  ショップが一段落したのですが、今、取扱店への納品グッズを制作中で、
                  追い込み真っ只中だったりします。
                  南の窓さんへは、早くも秋色の、ちょっと渋めのモダンな感じのものを、
                  Souvenirさんへは、爽やかなものとちょっと面白いものを織り交ぜてお届けしようと思っています。
                  今月末から来月頭には納品したいんですけど…どうなることやら。納品数も少ないですよ…いつものことながら。

                  さて、たまにはmarmelo*の話じゃないことでもひとつ。
                  「チャンネルネコ」の話を久々にしますよ。
                  チャンネルネコは、昔の番組やら映画やら、いろいろ放送していて面白いので
                  割とつけっ放しにしているんですけど、この季節になると、
                  稲川淳二さんの(←漢字、合ってるかなあ…)怪談話を必ず特集でやるんですよね…
                  私、別に稲川さん自身が嫌いとかじゃないんですけど、
                  あの大きな瞳で、ちょっとぎらついた肌で(多分照明や映し方のせいなんでしょうが…)、
                  実際にあった怖い話をされると、本当に嫌なんです。
                  ホラーやサスペンス系の映画は好きだし、平気で楽しめるんですけど、
                  怪談や実話系は聞きたくないんです… あと、日本のホラーも苦手…
                  何て言うんでしょうね、暗い怖さが苦手なのです。

                  そういうわけで、チャンネルネコには、夏には別の企画をお願いしたい今日この頃なのでした。
                  (え?チャンネルを変えればいいって? まあまあ…)

                  『いぬのえいが』

                  0
                    昨日、チャンネルネコで『いぬのえいが』をやっていて、
                    最後の一話だけ見ました。
                    (オムニバスなんですよね。犬童一心監督 他)
                    まりもという犬と飼い主・美香ちゃんのお話…
                    これは動物を飼ったことがある人なら、絶対泣けるんじゃないかなあ…まあ、所々にハズカシイ言葉もあったけど。
                    おそらく15分もない話でしたが、最初から最後までわんわん泣いて見てました…

                    動物と暮らすのは幸せなんだけれど、別れは本当に悲しいですねえ。
                    私も今まで何度も別れを経験したけれど、その度悲しかったなあ。今も書きながら涙ぐんでますけど。
                    犬も猫も、成長が早くて、10年もしたら私よりずっと年上になってしまう。想像しただけで切ないなあ…

                    調子の悪さ

                    0
                      泣きたくなりましたよ。
                      なぜ?というと、ミシンが調子悪くて。
                      これでは商品は作れないので、明日診てもらうことにしました。
                      すぐに直るといいのだけれど…
                      作りたい時にこんなトラブルなんて、しょんぼりですよ。
                      休業中だったらまだよかったのにな…
                      寒すぎてイカれてしまったんでしょうかね…そんなわけないか。

                      話が変わりますけど、昨日「トップランナー」という番組に、
                      阿部サダヲ(こんな字で合ってます?)氏が出ていました。
                      以前は、個性的な外見だな〜くらいにしか思ってなかったけれど、
                      話を聞いていたら、自分の中の好感度がぎゅーんとアップしましたよ。
                      静かな話し方とか、ちょっと影がありつつ話が面白いところがいいな。
                      余談ですけど、元気でよくしゃべる男性が苦手です。あと、男前も苦手…

                      あ、そうだ、1月1日(つづき編)の日記を彼に読まれてしまい、
                      お叱りを受けました。
                      読んでないと思ったら、1週間に一度はmarmelo*をチェックしてるそうで…
                      ごめんね〜 えへへ…
                      いや〜、1年の最後の日の夜を彼と過ごせて楽しかったですよ。
                      (と、フォロー)

                      | 1/2PAGES | >>